こんなもんです

中卒女が今さらなことに驚いたり学んだりする日々をだらだらと記録しています。唐突に気持ち悪い話や思い出話をします。

たくさんだった

日曜日、おばあちゃんに頼まれて、同居人と一緒に実家の庭から不用品を運び出す手伝いをした。

日が最も高い時間、軽バンの日陰で息を整えながら、ずっしりとくるタイルや鉢を抱えて、階段を何度も登り降り。帰り際、汗と土でぐっしょりの手にかけられたビニール袋の中には、冷たい麦茶のペットボトルが2本入っていた。

f:id:am161024:20210621162547j:image

そういえば、ひと月前「どっかに落とした」と言っていたおばあちゃんの携帯は、先週カバンの中で見つかったらしい。

効かないカーエアコンのダイヤルを回しながら、当時一緒に探してくれた同居人に「さっき恥ずかしそうに言ってた」と教えると、「まじか〜」と笑って窓を全開にした。

一度帰宅して、さらっとしたワンピースに着替えたら、前から気になっていたとんかつ屋さんへと向かった。

店内は、小言が多い店員と、笑顔がすてきなアルバイトと、目をパチクリさせる客とでにぎわっていた。

f:id:am161024:20210621171617j:image

奥から「はいこれ持ってって」の声が聞こえると、笑顔のアルバイトが「こちらサービスです」と小鉢を次々と運んでくる。

奥からすかさず「ねーえ、つぶ貝は出す前に食べられるか一応聞いてちょうだい、それから……」の声が飛ぶ。テーブルの上とお腹はすぐにいっぱいになった。

f:id:am161024:20210621162514j:image

夜、同居人が「今日はたくさん、たくさんだったね」と言った3秒後にいびきをかいた。たしかに、今日はたくさんだった。